新潟市・三条市・新発田市の外壁塗装・屋根塗装・張替え│株式会社 ホームコート
現場日記NEWS

外壁損傷もカバーできる?雪害時に役立つ火災保険の適用範囲と利用のコツ2024.05.26

家庭を持つ方の多くは、自然災害から家族と財産を守る方法について興味があるのではないでしょうか。
そこで今回は、火災保険がどのようにして私たちの住まいと経済的安全を確保するかに焦点を当てて、火災保険が適用される自然災害や雪害をきっかけに火災保険を活用するメリットについてご紹介します。

□外壁損傷もカバー?火災保険が適用される自然災害

火災保険は、単に火事からの損害をカバーするだけではありません。
自宅を自然災害から守るために、どのような状況で火災保険が利用できるのかを理解することは非常に重要です。
ここでは、主に火災保険がカバーする自然災害の種類とその具体的な適用条件についてご紹介します。

1:火災

自宅で発生した火事や隣家からの延焼による損害がカバーされますが、地震による火事は含まれないため注意が必要です。

2:風害

台風や竜巻による被害も保険の対象ですが、風速が一定以上でないと適用されないケースもありますので、詳細は契約内容を確認しましょう。

3:雪害、ひょう災

大雪による建物への被害や隣家からの雪の飛来による損害も含まれます。
これには雪崩による被害も含まれるため、雪国にお住まいの方には特に重要です。

4:落雷

落雷による建物の損傷や火事も補償されるほか、家電製品の故障も対象になる場合があります。

□雪害をきっかけに火災保険を活用するメリット

火災保険の利用は、単に災害時の補償を超えて、家計の安定と資産保護に寄与する重要な役割を果たします。
特に、日本のような四季がはっきりとした国では、冬季に多く見られる雪害に備えることは、中間所得層の家庭にとって経済的な安心感をもたらします。
以下に、火災保険を賢く活用することのメリットを、特に雪害がきっかけの場合に焦点を当てて解説します。

*何回でも使えて保険料は上がらない

通常、保険の申請を繰り返すと保険料が上がるものですが、火災保険はそのような心配がありません。
これは、火災保険が等級制ではないため、何度申請をしても保険料の増加が生じない点が大きなメリットです。
例えば、一度雪害により屋根を修理した後、数年内に再度同様の被害があった場合でも、追加の費用負担なしに保険を利用できます。

*給付金の使用自由度

火災保険から受け取れる給付金は、修理や復旧に限定されません。
これにより、受け取った給付金を家庭の他のニーズに活用できます。
例えば、屋根の修理後に残った資金を子どもの教育費や他の家庭の改善に使用できます。
この柔軟性は、家庭の経済計画において大きな強みとなります。

*災害に強い住まいへの再投資

火災保険の給付を利用して、より耐久性のある素材へのアップグレードや、災害に強い構造への改修を行うことも一つの選択肢です。
これにより、将来的に同様の災害が発生した際のリスクを減少させ、長期的な安全と快適性を家庭に提供できます。
例えば、雪害に強い屋根材への更新や、断熱材の充填などが考えられます。

□まとめ

火災保険は、ただの「保険」ではなく、私たちの生活を直接支える大切なサポートシステムです。
特に厳しい冬の気候に対処するためには、火災保険の賢い活用が求められます。
上記で解説した内容を参考に、自然災害から家族と財産を守るための一歩を踏み出しましょう。

当社では1棟1棟責任施工で最長10年間の保証をおこなっています。
地元「新潟市・三条市・新発田市」に密着した企業であり、地元の皆さまにご満足いただけるサービスをお届けできるよう、万が一のトラブルが発生してもすぐに駆けつけられる体制づくりを行っていますので、外壁塗装や屋根塗装を検討している方はぜひお気軽にご相談ください。